シェアハウス、アパートの一人暮らしで借金生活へ

シェアハウス、アパートの一人暮らしで借金生活へ

社会人になり一人暮らしを始めました。実母が他界し父は再婚し継母と折り合いも合わず貯金も殆ど無い状態の勢いでの一人暮らし。これがそもそも失敗でした。とにかく早く出たくて始めは家賃3万のボロボロアパートに高校の同級生と2人でシェアハウス。

 

 

 

当時私のお給料は手取り13万円くらいでしたが贅沢をしなければ生活はしていけましたし僅かながら貯金もしていけました。

 

 

数年経ちお給料も少しだけ上がりもう少しいい部屋に引っ越しを考え1人3万で家賃6万円のマンションに引っ越しました。そんな時に一緒に部屋を借りていた友人がまさかのできちゃった婚で6万円の家賃を1人で負担しなければいけない事態になりました。

 

 

 

安い家賃に引っ越しする費用もなく暫くは僅かな貯金や他の友人からの食料など助けて貰いながら生活していました。実家には頼りたくない一心でやり繰りしましたが冬の灯油代が大打撃で少しだけ10万だけと安易に借りてしまったのです。返済月に5千円。

 

 

 

借りては返しを繰り返し貸付限度額も50万円に上がり、すっかり麻痺した私は足りない分はそこから借りて返してしていました。

 

 

 

限度額も上限まで借りてしまうと返済のためにまた1社増えこの頃には惨めでお金のことばかり考えていました。服1枚買えず自分がした事より先に、できちゃった婚をした友人に怒りの矛先を向けていました。その頃妹が地元に帰ってきており私の異変を感じ全てを打ち明けました。

 

 

 

そんな考え無しの私に自分の貯金を全て貸してくれ借金を一旦返済する事が出来ました。少しづつですが妹へ返済していき安い家賃へ引っ越しも完了し生活を立て直す事が出来ました。今は結婚し子供も居ます。お金が足りない時も多々ありますが絶対に借金はしない!

 

 

 

 

そう心に決めています。お金のありがたみや大切さを身に染みていますので家族と楽しく平和に生活して行くための要として認識しています。